読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大田区千景

大田区(東京都)の名所・スポット、次々ご紹介いたします。

くろむぎ堂(池上)の大田区名物デカ盛りの『大盛り蕎麦』

f:id:machikadofashion:20161103150723p:plain

 

くろむぎ堂(大田区池上)に大盛り蕎麦を食べに行きました。くろむぎ堂は、東急池上線池上駅を下車して徒歩2分(170メートル)。夜はお酒を出す居酒屋ですが、昼はランチもあり、そばがきや蕎麦湯、うどん、定食もある年中無休のおそば屋さんです。

スポンサードリンク↓

 

 いきなり本題に入りますが、来店の目的は『大盛り蕎麦』。

f:id:machikadofashion:20161103150959p:plain

同店はミニ丼とセットにできるので、ミニカツ丼セットにしようと思ったのですが、「大盛りはすごく盛りが多いんですよ、大丈夫ですか」と店員さんに2度念を押されました。

本来、それを売り物にしている(つまりそれをオーダーしてもらいたい)お店側が念を押すぐらいなのだから、これは相当盛りが良いのだなと思いました。

そこで、慎重にセットはやめて、だけれども初志貫徹で『大盛り蕎麦』は諦めませんでした。

2人で来店したのですが、比較するために頼んだのは『鴨団子そば』。

鴨肉の肉団子が入った温かい汁に、そばをつけて食べるものです。

少しして出てきたのは、これです。

f:id:machikadofashion:20161103150926p:plain

なるほど、デカ盛りです。

『鴨団子そば』との“ツーショット”を撮ってみました。

f:id:machikadofashion:20161103151040p:plain

ご覧の通り、鴨団子そばも、決して盛りが少ないわけではありません。

ただ、それと比べても、その倍以上はあると思います。

そばもツルツルシコシコでおいしいです。

つゆも、予め蕎麦をつける容器に並々入った上に、継ぎ足しも用意されています。

ただ、ビジュアルを意識したものだと思いますが、大盛りなのに、それほど大きくないザルに山のように積み上げたので、くずれないように気を使う分、食べにくさは否めません。

他店は、大盛り用にもっと大きなザルに盛るところもありますが、客のことを考えたらその方が親切であると思います。

ほぼ食べ終わる頃、蕎麦湯が来ました。

f:id:machikadofashion:20161103151107p:plain

3杯ぐらい飲めました。

たしかに、そばだけでお腹いっぱいになります。 くろむぎ堂の名店ぶりがよくわかりました。

東電通り会など池上界隈には12の商店街

東急池上線池上駅界隈には、複数の商店街があります。

全部でいくつあるかご存知ですか。

12の商店街を紹介しているのは、池上地区商店会連合会の公式サイト『池上ショップ情報サイト』です。

東電通り会

堤方商栄会

池上柳本通り会

池上駅前通り商店会

池上東口商店会

姫沙羅通り会

池上本通り商店会

池上本通り商店会

表和会

池上仲通り商店会

池上西銀座睦会

池上桜通り商店

どの商店会がどこかおわかりになりますか。

今回のくろむぎ堂は、東電通り会という商店街にあります。

真っ直ぐ行くと、東京電力に突き当たる通りだから、東電通り会というのです。

『池上ショップ情報サイト』によると、 くろむぎ堂の「当店のこだわり」は、

 

そばの盛りを少ないと言われたことがない

そば屋なのにおつまみの豊富さ

ビールより飲まれる焼酎のそば湯割りのうまさ

 

と書かれています。

くろむぎ堂の特徴がよくあらわれていますね。

 

そば処 くろむぎ堂

住所:池上6-6-2 営業:11:30~15:00 17:30~22:30 年中無休

電話:03-3755-8022