読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大田区千景

大田区(東京都)の名所・スポット、次々ご紹介いたします。

サイゼリヤ本羽田店、ワンコインランチでハンバーグとスパゲッティ

f:id:machikadofashion:20161109042522p:plain

サイゼリヤといえば、大衆的な価格のメニューでお馴染みのフィミリーレストラン。大田区は2016年11月現在、上池台、大森東口、蒲田西口、本羽田と合計4店あります。今日はその中でも南端にあるサイゼリヤ本羽田店に行き、ワンコインランチとして親しまれているハンバーグを食べに行きました。

スポンサードリンク↓

 

 訪れたのは、台風が来るの来ないのと話題になっている天候不順な日。

2016年は、上半期が水不足の心配をされ、9月以降は日照の心配をされました。

それはともかく、東京の端っこ、サイゼリヤ本羽田店(東京都大田区本羽田)に行ってきました。

f:id:machikadofashion:20161109042655p:plain

「リーズブルな価格での提供はサイゼリヤの誇り」「シンプルな調理で毎日でも飽きずに食べられる料理」(公式サイト)というのがモットーのサイゼリヤ。

現在はファミレスのランチの相場が800円ぐらいだと思いますが、何と言ってもサイゼリヤにはかなわないでしょう。

何しろ、ごはん、おかず、スープとついてワンコイン(500円)というランチメニューが用意されているのです。

公式サイトでも公開されていますが、ワンコインランチは9種類。

肉料理3種、スパゲッティ3種、ドリア3種の構成です。

鶏肉のオーブン焼き、オニオンソースのハンバーグ、キノコのデミグラスソースハンバーグ、ほうれんそうのスパゲッティ、彩り野菜のトマトソーススパゲッティ、ナスのミートソーススパゲッティ、タラコとエビのドリア、彩り野菜のミラノ風ドリア、チキンとトマトソースのドリア、です。

しかも、午後3時までだったランチタイムが、いつの間にか5時までに拡大していました。

その中で私が選んだのは、ハンバーグと目玉焼きがついた「オニオンソースのハンバーグ」(とライス)です。

スープはセルフサービスで、自分で持ってきます。

スープは、海藻茶にコンソメが入ったような味で、これは正直あまりおいしくなかったですね。

f:id:machikadofashion:20161109042729p:plain

と思ったら、web掲示板でも同じような感想が書き込まれていました。

味も価格も評判がいいサイゼリヤで、画竜点睛を欠くのがここですね。

店内は、ランチを頼んでおしやべりをしている地元の人(主婦)が何組かいます。

こういう場所は、地元の人にとってありがたいのです。

昨年いっぱいで、糀谷のリンガーハット環八通り蒲田店が閉店してしまったので、糀谷・羽田地域ではここが最後の砦といっていいかもしれません。

本当にワンコイン(消費税込み)だった

そんなことを語っているうちに、出来上がってきたオニオンソースのハンバーグ。

f:id:machikadofashion:20161109042757p:plain

ライスは、大盛り小盛りでプラスマイナス30円ですが、普通で適量でした。

サラダは、ポテトとレタスが適量。

f:id:machikadofashion:20161109042810p:plain

ワンコインランチにつくものとしてはよかったと思います。

ハンバーグは、なんというか、独特の味と舌触りですね。

f:id:machikadofashion:20161109042522p:plain

びっくりドンキーやガストなどのように、肉と玉葱をパン粉でつなぐやわらかいものではないのです。

まるで、魚肉ソーセージのような感じで、ツルッとして弾力のある加工肉の塊という感じです。

これはこれで、何か大衆的で美味しいです。

そして、ハンバーグに目玉焼きのせは、それまたサイゼリヤの“お約束”です。

なお、妻も一緒に行ったのですが、妻が選んだのは「ほうれん草のスパゲッティ」です。

f:id:machikadofashion:20161109042857p:plain

ほうれん草、というと、もしかしたら、産地にうるさい一部の方は眉をひそめるかもしれません。

ほうれん草は、以前、中国からの輸入物が残留農薬で問題になったことがありました。

実は、事前にそれは調べました。

サイゼリヤで使っているのは「国産・イタリア」だそうです。

それ以外の食材についても思った以上に国産が多く、ネット民の餌食になっている中国・韓国産は全く使われていませんでした。

どうです、ネット民。安心しましたか。

そして会計は2人で1000円。

ワンコインなら当たり前だろうって?

価格はワンコインでも、消費税別だと思っていたので、なんかここも嬉しかったですね。

今度機会を見つけて、通常のグランドメニューも食してしてみます。

本羽田について

本羽田は、東京と神奈川を隔てる多摩川最下流の汽水域にあたり、釣り船や屋形船の発着場があります。

f:id:machikadofashion:20161109043321p:plain

Googleマップより

f:id:machikadofashion:20161109043405p:plain

f:id:machikadofashion:20161109043418p:plain

f:id:machikadofashion:20161109043425p:plain

『喜劇 女は度胸』(1960年、松竹)では、ロケ地としても使われました。

f:id:machikadofashion:20161109043335p:plain

穴子が獲れますが、最近は漁業権を復活させて、しじみ漁も行っています。

つまり、飛行機と船の町ということ。

それだけに信仰が盛んで、羽田といえば、赤い鳥居の穴守稲荷神社が有名ですが、須佐之男命(スサノオノミコト)、稲田姫命(イナダヒメノミコト)を御祭神とする白い鳥居の羽田神社も本羽田にはあります。

f:id:machikadofashion:20161109043524p:plain

先日は、羽田七福いなりをご紹介しました。

妙法稲荷神社(招福厄除)

f:id:machikadofashion:20161027194215j:plain

重幸稲荷神社(開運長寿)

f:id:machikadofashion:20161027194233j:plain

高山稲荷神社(学業成就)

f:id:machikadofashion:20161027194255j:plain

などが本羽田にはあります。

羽田といっても、ビッグバードだけではないのです。

 

サイゼリヤ本羽田

営業時間 11:00~02:00

駐車場 有

東京都大田区本羽田2-5-1

03-5735-9685