読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大田区千景

大田区(東京都)の名所・スポット、次々ご紹介いたします。

ビッグボーイ大森駅前店で食べるなら炙り大俵ハンバーグ

f:id:machikadofashion:20161115043532p:plain

『ビッグボーイ大森』といえば、大田区JR大森駅東口を出て1分のところにあるステーキ・ハンバーグのファミリーレストラン。大田区を代表するお店ですから、いろいろなメニューがありますが、中でも名物は炙り大俵ハンバーグ。たどん型のハンバーグを、自分で専用コンロで焼いて食べます。

スポンサードリンク↓

 

 ビッグボーイ(BigBoy)は、ハンバーグやステーキなどをメニューの中心にしたアメリカ発祥のファミリーレストランです。

我が国ではゼンショー系列の外食産業として、すき家、なか卯、華屋与兵衛などとともに大田区内でも有名なお店です。

ハンバーグのタイプは、いわゆる炭団型の塊肉ハンバーグもあれば、平べったいつなぎを使ったハンバーグもあります。

炭団型のハンバーグは、目玉メニューの一つである炙り大俵ハンバーグとして採用されています。

牛肉100%をうたっていて、ほとんど肉の塊という感じで、つなぎも入らず、モサモサしています。

また肉の臭みを取るために香辛料も多めです。

後者は、どちらかというとランチメニューに採用されています。

ビッグボーイ大森駅前店は、店名通り、JR大森駅東口を出て1分のところにあります。

お店には、決まったメニユーの他、バイキング形式で、サラダバー、黄色いライス、カレーなどが用意されています。

食べ盛りのお子さんがいるファミリーでは、そのカレーでお腹いっぱいにするという話もあります。

行った日は、ランチがなかったので通常メニューにしました。

サラダバーも注文しましたが、正直なところ、新鮮という感じはせず、もりもり食べたい、というほどの気持ちは起きませんでした。

まあ、食べ放題のサラダバーですから、どこも同じでしょう。

で、その炙り大俵ハンバーグですが、外側はしっかり火の通ったハンバーグが運ばれます。

f:id:machikadofashion:20161115043815p:plain

そして、客自らがナイフでカット。

f:id:machikadofashion:20161115043825p:plain

外側だけ焼けていて、中身はまだ赤い状態です。

そこで、卓上コンロを使って押し付けるように焼いて食べるのです。

f:id:machikadofashion:20161115043532p:plain

平べったいタイプでは、たとえば『手ごねハンバーグ』がこれです。

f:id:machikadofashion:20161115043904p:plain

『炙り大俵ハンバーグ』は、卓上コンロを使いますが、それほど大きなハンバーグではないので、何か大げさだな、という気がしました。

『手ごねハンバーグ』は、ランチ用ですね。

これまで、平べったいハンバーグは、びっくりドンキーのランチや、ロイヤルホスト大森北店の『黒×黒ハンバーグ』、さらにサイゼリヤ本羽田店のワンコインランチなどをご紹介してきましたが、それらに比べて、正直とくに秀でた何かがあるとは思いませんでした。

炭団型ハンバーグにしても、今は大田区にはありませんが、かつては大森にあったハングリータイガーに比べると、若干格落ちのような気がします。

もちろん、これはこのブログの著者の好みを綴っているに過ぎません。

なお、先程も書いたように、この日はランチメニューがなかったのですが、値段もちょっと割高な感じがしました。

大森の東側スポット

ビッグボーイ大森駅前店は、JR大森駅の東口、つまり東側にあります。

近所には、このブログでもすでにご紹介した『葡萄の牙』があります。

葡萄の牙、やわらかいランプ肉とLINEも使ったネット戦略の奏功

f:id:machikadofashion:20161105140053j:plain

JR大森駅東口駅前の大森銀座商店街を抜け、道路を隔てた大森MILPA商店街に大森鷲神社があります。

f:id:machikadofashion:20161115044014p:plain

こじんまりとした神社ですが、酉の市は参拝者が長い列を作り、2つの商店街には100を超える露店が並びます。

そこから東側に進むと、国道15号線(第一京浜国道)があり、そのすぐ横には、かつての東海道跡である「美原通り」があります。

f:id:machikadofashion:20161115044032j:plain

現在の幹線道路は東海道がベースにはなっていますが、そのまま使われているわけではありません。

大森には、国道15号線と東京都道318号環状七号線の交差点から海側に5分ほど歩いたところ、現在の目印ではファミリーマート平和島店のある四つ角を交差する通りに、旧東海道がほぼ往時の道幅のまま残されています(もっとも、地面は煉瓦で舗装されていますが)

京急線の平和島駅を超えると、平和島には、大田区最大(約9万9000平方メートル)の公園である平和の森公園があります。

f:id:machikadofashion:20161115044058p:plain

平和島は戦時中、アメリカ合衆国など連合国側の捕虜を収容する場所(東京捕虜収容所)であり、戦後は一時東条英機ら戦犯の一時収容所にもなっていました。

東京は中野区にも、刑務所跡地に作られた同名の公園があります。

どちらもスポーツ場や広い芝生と散策路がある点が共通しています。

そして、大田区大森といえば、東側は東京湾にめんしており、海水浴とともに、海苔など漁業も行われてきた土地です。

現在も大森の東端には、ふるさとの浜辺公園という海浜公園があります。

f:id:machikadofashion:20161115044138p:plain

また、近くある貴舩神社には、海苔養殖終焉時に作られた「漁業納畢之碑」があります。

f:id:machikadofashion:20161115044157p:plain

そして、羽田方面に南下すると、京浜島つばさ公園があります。

f:id:machikadofashion:20161115044210j:plain

テレビのロケ地でも使われ、みなさんもブログで紹介されていますね。

東京国際空港(羽田空港)の飛行機の離発着も、この公園で撮影する人が多いのですが、デートスポットとしても有名です。

f:id:machikadofashion:20161115044226j:plain

いずれ機会を見て、詳しくご紹介いたします。

BigBoy 大森駅前店

所在地: 〒143-0016 東京都大田区大森北1-2-4

電話: 03-5753-0660

営業時間:10時00分~23時30分

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: ムック